• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「北の街物語」内田康夫著

 浅見は地元の赤羽で取材中、高校時代の後輩・瑞恵と再会。後日、瑞恵の実家が営む銭湯を訪ねた浅見は、客の倉持からある相談を持ち掛けられる。地元に住む高名彫刻家・御子柴の家から消えた「妖精」という作品を捜して欲しいというのだ。

 浅見の調べで、妖精は3731のナンバーをつけたレンタカーでどこかに運ばれたと分かる。そんな中、瑞恵を通じて殺人事件の相談が持ち込まれる。瑞恵の知人の矢村が荒川岩渕関緑地で他殺体の第一発見者になったというのだ。数日後、浅見は身元不明の被害者のポケットから「3731」と書かれた紙片が見つかったことを知る。

 浅見の地元・北区を舞台にした長編ミステリー。(中央公論新社 900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る