「北の街物語」内田康夫著

公開日:  更新日:

 浅見は地元の赤羽で取材中、高校時代の後輩・瑞恵と再会。後日、瑞恵の実家が営む銭湯を訪ねた浅見は、客の倉持からある相談を持ち掛けられる。地元に住む高名彫刻家・御子柴の家から消えた「妖精」という作品を捜して欲しいというのだ。

 浅見の調べで、妖精は3731のナンバーをつけたレンタカーでどこかに運ばれたと分かる。そんな中、瑞恵を通じて殺人事件の相談が持ち込まれる。瑞恵の知人の矢村が荒川岩渕関緑地で他殺体の第一発見者になったというのだ。数日後、浅見は身元不明の被害者のポケットから「3731」と書かれた紙片が見つかったことを知る。

 浅見の地元・北区を舞台にした長編ミステリー。(中央公論新社 900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る