「資本主義の克服『共有論』で社会を変える」金子勝著

公開日:  更新日:

 アベノミクスによる量的金融緩和と構造改革の政策的組み合わせは、地域格差を拡大させると著者は指摘する。規制緩和によって、新しい産業、新しい産業構造がつくり出されると信じられ、実行されてきたが、その結果は日本企業の国際競争力の低下と、格差や貧困の深刻化を招いただけだった。

 本書は、新しい産業を生み出しつつ、格差や貧困を拡大することなく、自由と矛盾することなく平等を達成する制度やルールのあり方とはどんなものかを考察した論考。資本主義の歴史を読み解き、現在のような歴史的転換期に生じる新しい「独占」に対抗する制度やルールの創造と共有の必要性を説く。(集英社 720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る