「資本主義の克服『共有論』で社会を変える」金子勝著

公開日: 更新日:

 アベノミクスによる量的金融緩和と構造改革の政策的組み合わせは、地域格差を拡大させると著者は指摘する。規制緩和によって、新しい産業、新しい産業構造がつくり出されると信じられ、実行されてきたが、その結果は日本企業の国際競争力の低下と、格差や貧困の深刻化を招いただけだった。

 本書は、新しい産業を生み出しつつ、格差や貧困を拡大することなく、自由と矛盾することなく平等を達成する制度やルールのあり方とはどんなものかを考察した論考。資本主義の歴史を読み解き、現在のような歴史的転換期に生じる新しい「独占」に対抗する制度やルールの創造と共有の必要性を説く。(集英社 720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  4. 4

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  5. 5

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  9. 9

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る

人気キーワード