• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「帳簿の世界史」ジェイコブ・ソール著、村井章子訳

 財務会計の歴史を概観し、国家の盛衰と会計責任の関係を描いた歴史ノンフィクション。

 古代ローマ初代皇帝アウグストゥスは、精密な会計を自身の政治的正統性と功績に結び付けた。しかし、その後、世界の政治指導者が財政の実績を公表するようになるまで長い年月を必要とした。

 最初に会計システムを開発し、財政と政治の責任を明確化したのは、イタリアの商業国家だった。ジェノバ共和国では、利益や損失の計算に欠かせない複式簿記で財政を記録していたという。フランス革命からアメリカ独立、そしてリーマン・ショックまで。会計責任という独自の視点で歴史を見つめ直したお薦め本。

(文藝春秋 1950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    「オフィス北野」つまみ枝豆社長のかじ取りで渡る三途の川

もっと見る