「帳簿の世界史」ジェイコブ・ソール著、村井章子訳

公開日:  更新日:

 財務会計の歴史を概観し、国家の盛衰と会計責任の関係を描いた歴史ノンフィクション。

 古代ローマ初代皇帝アウグストゥスは、精密な会計を自身の政治的正統性と功績に結び付けた。しかし、その後、世界の政治指導者が財政の実績を公表するようになるまで長い年月を必要とした。

 最初に会計システムを開発し、財政と政治の責任を明確化したのは、イタリアの商業国家だった。ジェノバ共和国では、利益や損失の計算に欠かせない複式簿記で財政を記録していたという。フランス革命からアメリカ独立、そしてリーマン・ショックまで。会計責任という独自の視点で歴史を見つめ直したお薦め本。

(文藝春秋 1950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る