• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「帳簿の世界史」ジェイコブ・ソール著、村井章子訳

 財務会計の歴史を概観し、国家の盛衰と会計責任の関係を描いた歴史ノンフィクション。

 古代ローマ初代皇帝アウグストゥスは、精密な会計を自身の政治的正統性と功績に結び付けた。しかし、その後、世界の政治指導者が財政の実績を公表するようになるまで長い年月を必要とした。

 最初に会計システムを開発し、財政と政治の責任を明確化したのは、イタリアの商業国家だった。ジェノバ共和国では、利益や損失の計算に欠かせない複式簿記で財政を記録していたという。フランス革命からアメリカ独立、そしてリーマン・ショックまで。会計責任という独自の視点で歴史を見つめ直したお薦め本。

(文藝春秋 1950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る