「経済政策のカラクリ」榊原英資著

公開日:  更新日:

■「政管融合」から「政管分離」へ

 日本の政治は明治中期以来、政党と官僚が手を取り合う「政官融合」で進んできたが、90年代初めにはこれが終わり、官僚や民間企業出身の政治家が減少する「政官分離」が明白となったという。2世・3世の政治家が急増したのもこのころから。

 一方、官僚は専門分野に特化し、退官後は金融機関や大学などに再就職する傾向となった。政治主導といいながらも政策に通じてない政治家が増えたのはこのためなのだという。典型的な2世政治家である安倍政権下では、ブレーンの多くが大蔵=財務省OBながら反主流派で、人事的にはライバルの経産省主導のシフトが進んだという。それゆえ財政再建よりも景気回復策を重視し、デフレを嫌ってリフレを好むわけだ。著者はかつて大蔵省(当時)財務官として金融ビッグバンの強力な推進役となった。いまでは早・慶・青学大などの教授を歴任しながら経産省主導のアベノミクス批判を続けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る