• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「経済政策のカラクリ」榊原英資著

■「政管融合」から「政管分離」へ

 日本の政治は明治中期以来、政党と官僚が手を取り合う「政官融合」で進んできたが、90年代初めにはこれが終わり、官僚や民間企業出身の政治家が減少する「政官分離」が明白となったという。2世・3世の政治家が急増したのもこのころから。

 一方、官僚は専門分野に特化し、退官後は金融機関や大学などに再就職する傾向となった。政治主導といいながらも政策に通じてない政治家が増えたのはこのためなのだという。典型的な2世政治家である安倍政権下では、ブレーンの多くが大蔵=財務省OBながら反主流派で、人事的にはライバルの経産省主導のシフトが進んだという。それゆえ財政再建よりも景気回復策を重視し、デフレを嫌ってリフレを好むわけだ。著者はかつて大蔵省(当時)財務官として金融ビッグバンの強力な推進役となった。いまでは早・慶・青学大などの教授を歴任しながら経産省主導のアベノミクス批判を続けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  8. 8

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

もっと見る