「経済政策のカラクリ」榊原英資著

公開日:  更新日:

■「政管融合」から「政管分離」へ

 日本の政治は明治中期以来、政党と官僚が手を取り合う「政官融合」で進んできたが、90年代初めにはこれが終わり、官僚や民間企業出身の政治家が減少する「政官分離」が明白となったという。2世・3世の政治家が急増したのもこのころから。

 一方、官僚は専門分野に特化し、退官後は金融機関や大学などに再就職する傾向となった。政治主導といいながらも政策に通じてない政治家が増えたのはこのためなのだという。典型的な2世政治家である安倍政権下では、ブレーンの多くが大蔵=財務省OBながら反主流派で、人事的にはライバルの経産省主導のシフトが進んだという。それゆえ財政再建よりも景気回復策を重視し、デフレを嫌ってリフレを好むわけだ。著者はかつて大蔵省(当時)財務官として金融ビッグバンの強力な推進役となった。いまでは早・慶・青学大などの教授を歴任しながら経産省主導のアベノミクス批判を続けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る