• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「マモンの審判」宮城啓氏

■「今回描いたデリバティブを用いた横領手口は悪意があれば実現可能です」

「ファンドの会計や企業の税務業務に携わるなかで、いつも法的な範囲の中での有効な資金調達の手法や、運用資産の配分などを考えながら仕事をしているんですね。それは不正を防ぐ意味もあるんですが、あるとき、“こういうトリック”は可能ではないかと思いついたんです。そこから物語がスタートしました」

 長年、M&Aや投資に携わってきた現役税理士の著者による、国際経済ミステリーである。

 物語は、欧州のタックスヘイブン国ベルクールの銀行で、日本人の関与が疑われる1000億円の裏口座が発見されたことから幕を開ける。日本でのマネーロンダリングだとすれば史上最高額となる事件に、警察庁刑事局の金融情報機関FIUが動き出す。この捜査に加わることになったのが、財務分析力を買われた公認会計士の岸一真だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る