「マモンの審判」宮城啓氏

公開日:  更新日:

■「今回描いたデリバティブを用いた横領手口は悪意があれば実現可能です」

「ファンドの会計や企業の税務業務に携わるなかで、いつも法的な範囲の中での有効な資金調達の手法や、運用資産の配分などを考えながら仕事をしているんですね。それは不正を防ぐ意味もあるんですが、あるとき、“こういうトリック”は可能ではないかと思いついたんです。そこから物語がスタートしました」

 長年、M&Aや投資に携わってきた現役税理士の著者による、国際経済ミステリーである。

 物語は、欧州のタックスヘイブン国ベルクールの銀行で、日本人の関与が疑われる1000億円の裏口座が発見されたことから幕を開ける。日本でのマネーロンダリングだとすれば史上最高額となる事件に、警察庁刑事局の金融情報機関FIUが動き出す。この捜査に加わることになったのが、財務分析力を買われた公認会計士の岸一真だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る