「マモンの審判」宮城啓氏

公開日: 更新日:

■「今回描いたデリバティブを用いた横領手口は悪意があれば実現可能です」

「ファンドの会計や企業の税務業務に携わるなかで、いつも法的な範囲の中での有効な資金調達の手法や、運用資産の配分などを考えながら仕事をしているんですね。それは不正を防ぐ意味もあるんですが、あるとき、“こういうトリック”は可能ではないかと思いついたんです。そこから物語がスタートしました」

 長年、M&Aや投資に携わってきた現役税理士の著者による、国際経済ミステリーである。

 物語は、欧州のタックスヘイブン国ベルクールの銀行で、日本人の関与が疑われる1000億円の裏口座が発見されたことから幕を開ける。日本でのマネーロンダリングだとすれば史上最高額となる事件に、警察庁刑事局の金融情報機関FIUが動き出す。この捜査に加わることになったのが、財務分析力を買われた公認会計士の岸一真だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  2. 2

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  3. 3

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  4. 4

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  5. 5

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  6. 6

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  7. 7

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  8. 8

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  9. 9

    石田純一のトホホなYouTubeデビュー…コロナ騒動が後引く

  10. 10

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

もっと見る

人気キーワード