大阪のオバちゃんに学ぶ相づちの極意

公開日:  更新日:

 虎模様の洋服に身を包み、濃すぎる化粧と大きすぎる声でぐいぐい押してくる強烈な個性。この世で大阪のオバちゃんほど恐ろしい生き物はいないだろう。しかし、そんな彼女たちを観察してみると、閉塞した日本を明るく変えるヒントが見えてくる。

 源祥子著「大阪のオバちゃんの逆襲」(言視舎 1400円+税)は、一風変わったコミュニケーション術の指南書。40代も半ばとなって立派な“それ”になりつつある大阪育ちの著者が教える、大阪のオバちゃん的生き方のススメだ。

 大阪のオバちゃんといえば、おしゃべりのうるささは超一級。しかし、その会話をよく聞いてみると、彼女たちは意外にも聞き上手であることが分かってくる。何しろ、相づちのレパートリーが豊富。東京人なら、「へぇ」「そう」「ふーん」ぐらいのところを、大阪のオバちゃんときたら「ほんで、どないしたん?」「せやなぁ、ようわかるで!」「それはえらいこっちゃなぁ!」「わやくちゃやん!」と、実に盛り上げ上手なのだ。大阪のオバちゃんの相づちの極意を身に付ければ、口下手な人でも会話が弾むに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る