• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“サムライの国ニッポン”の笑いは世界でも独特!?

 あらゆる生物の中でも人間だけが持つ“笑う”という能力。その真理をさまざまな角度から追究するのが、ピーター・マグロウ、ジョエル・ワーナー著、柴田さとみ訳「世界“笑いのツボ”探し」(CCCメディアハウス 2200円+税)。笑いとは何か、そして何が物事を面白くするのかを、感情と行動経済学の専門家らが世界を旅しながら検証していく。

 そもそも人間を笑わせるユーモアとはどんなものなのか。その研究を行う上で最も難しい国を、西洋人である著者らは日本であるとしている。世界のほぼすべての国には、“間抜けジョーク”が存在する。つまり、社会におけるアウトサイダーや愚か者、コミュニティーの辺縁に位置する人を嘲笑する、毒のある笑いのことだ。古代ギリシャのジョークを集めた世界最古のジョーク集といわれる「フィロゲロス」も、内容の4分の1が間抜けジョーク。現在のトルコに位置するキュメなどの住人を笑いの対象とするものだったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る