“サムライの国ニッポン”の笑いは世界でも独特!?

公開日: 更新日:

 あらゆる生物の中でも人間だけが持つ“笑う”という能力。その真理をさまざまな角度から追究するのが、ピーター・マグロウ、ジョエル・ワーナー著、柴田さとみ訳「世界“笑いのツボ”探し」(CCCメディアハウス 2200円+税)。笑いとは何か、そして何が物事を面白くするのかを、感情と行動経済学の専門家らが世界を旅しながら検証していく。

 そもそも人間を笑わせるユーモアとはどんなものなのか。その研究を行う上で最も難しい国を、西洋人である著者らは日本であるとしている。世界のほぼすべての国には、“間抜けジョーク”が存在する。つまり、社会におけるアウトサイダーや愚か者、コミュニティーの辺縁に位置する人を嘲笑する、毒のある笑いのことだ。古代ギリシャのジョークを集めた世界最古のジョーク集といわれる「フィロゲロス」も、内容の4分の1が間抜けジョーク。現在のトルコに位置するキュメなどの住人を笑いの対象とするものだったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

  10. 10

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

もっと見る

人気キーワード