サイバー空間での諜報活動が激化

公開日:  更新日:

「非情世界 恐るべき情報戦争の裏側」朝日新聞取材班著

 アメリカを代表とする自由主義圏と、旧ソ連が率いた共産圏による冷戦が終結して、はや四半世紀。しかし、当時よりも徹底的に行われているのが「インテリジェンス(諜報活動、情報分析活動)」だ。しかもそれは、発達したインターネットによって非常に高度に、巧妙になっている。

 朝日新聞取材班著「非情世界 恐るべき情報戦争の裏側」(朝日新聞出版 1400円+税)は、国家間で極秘に展開されるインテリジェンスの実態に光をあてた渾身のリポートだ。

 アメリカがサイバー空間でのインテリジェンスを活発化させる契機となったのが、2001年の“9.11”。同時多発テロの以前、実はアメリカ国家安全保障局(NSA)はアメリカ国内にいた実行グループの存在を把握していたという。しかし、冷戦終結以降はNSAの人員も予算も削減されており、国内のテロリスト活動を取り締まるFBIとの情報共有が後手に回ってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る