サイバー空間での諜報活動が激化

公開日: 更新日:

「非情世界 恐るべき情報戦争の裏側」朝日新聞取材班著

 アメリカを代表とする自由主義圏と、旧ソ連が率いた共産圏による冷戦が終結して、はや四半世紀。しかし、当時よりも徹底的に行われているのが「インテリジェンス(諜報活動、情報分析活動)」だ。しかもそれは、発達したインターネットによって非常に高度に、巧妙になっている。

 朝日新聞取材班著「非情世界 恐るべき情報戦争の裏側」(朝日新聞出版 1400円+税)は、国家間で極秘に展開されるインテリジェンスの実態に光をあてた渾身のリポートだ。

 アメリカがサイバー空間でのインテリジェンスを活発化させる契機となったのが、2001年の“9.11”。同時多発テロの以前、実はアメリカ国家安全保障局(NSA)はアメリカ国内にいた実行グループの存在を把握していたという。しかし、冷戦終結以降はNSAの人員も予算も削減されており、国内のテロリスト活動を取り締まるFBIとの情報共有が後手に回ってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  4. 4

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  5. 5

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  6. 6

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  7. 7

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  8. 8

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  9. 9

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  10. 10

    嵐が会見で語らなかった密着ドキュメンタリーの世界戦略

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る