サイバー空間での諜報活動が激化

公開日: 更新日:

「非情世界 恐るべき情報戦争の裏側」朝日新聞取材班著

 アメリカを代表とする自由主義圏と、旧ソ連が率いた共産圏による冷戦が終結して、はや四半世紀。しかし、当時よりも徹底的に行われているのが「インテリジェンス(諜報活動、情報分析活動)」だ。しかもそれは、発達したインターネットによって非常に高度に、巧妙になっている。

 朝日新聞取材班著「非情世界 恐るべき情報戦争の裏側」(朝日新聞出版 1400円+税)は、国家間で極秘に展開されるインテリジェンスの実態に光をあてた渾身のリポートだ。

 アメリカがサイバー空間でのインテリジェンスを活発化させる契機となったのが、2001年の“9.11”。同時多発テロの以前、実はアメリカ国家安全保障局(NSA)はアメリカ国内にいた実行グループの存在を把握していたという。しかし、冷戦終結以降はNSAの人員も予算も削減されており、国内のテロリスト活動を取り締まるFBIとの情報共有が後手に回ってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  4. 4

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  5. 5

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  8. 8

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  9. 9

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

  10. 10

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

もっと見る

人気キーワード