安倍政権の待機児童解消政策で保育の現場崩壊が加速!?

公開日:  更新日:

「ルポ 保育崩壊」小林美希著

 近頃、保育所の騒音による建設反対運動などが報道されているが、保育の現場が抱える問題はこれだけではない。歪んだ保育行政によって保育士の労働環境が悪化し、保育の質の低下が顕著になっているのだ。

 小林美希著「ルポ 保育崩壊」(岩波書店 800円+税)では、保育の民間参入がもたらす弊害などを分析しながら、子供たちが置かれた危機的状況についても明らかにしていく。

 安倍政権の「待機児童解消加速化プラン」では、2017年度末までに40万人の保育の受け皿をつくり、待機児童の解消を目指すとしている。そのために推進しているのが、保育を民間に頼る“横浜方式”。横浜市は2010年から民間企業の参入を呼びかけ、たった3年で1万人分の保育の受け皿を整備した。

 しかし、株式会社の参入は保育の質を大きく左右すると本書。企業の使命はあくまでも利益を出すことだ。本来、保育は労働集約的な業界であるため人件費率が高く、利益が出にくかった。独立行政法人福祉医療機構の調べによると、社会福祉法人の保育事業では人件費率が70%を超えている。この状況で参入企業が利益を出そうとすれば、狙われるのは人件費、つまり保育士の給料だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る