日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「アンタッチャブル」馳星周著

 人身事故を起こした宮澤は捜査1課から公安部外事3課に左遷された。上司は東大卒のスーパーエリート・椿警視だが、彼はベタぼれだった妻を無能だとみていた同僚の塚本に寝取られて以来、おかしくなったという噂だった。宮澤の真の職務は椿を監視することだ。椿は宮澤をスパイ御用達だというバーに連れていくが、そこで塚本を見かけた途端、席を立つ。椿は塚本と一緒だった女は北朝鮮の工作員だと言い、宮澤に捜査を命じる。やがて爆破テロの謀略を察知するが、それは椿の妄想なのか……。

 アンタッチャブルと呼ばれる元エリートと落ちこぼれ元刑事が活躍するエンターテインメント。(毎日新聞出版 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事