「21世紀のマダム・エドワルダ」大岡淳編著

公開日:  更新日:

 2013年に、阿佐谷でジョルジュ・バタイユ原作の「マダム・エドワルダ」が人形劇で上演された。人形のデザインを担当したブブ・ド・ラ・マドレーヌ氏は、以前フランスで、その土地の観客がどういう生活をしているのかを知るために、フィールドワークとして売春をした経験がある。彼女は劇中に、日本社会の〈お母ちゃんファシズム〉を見る。そして、ファシストである母を補完する娼婦も、男にとっては妻というよりは母だという。

 宮台真司、中条省平氏らのバタイユの現代性をめぐる対話集。(光文社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る