「21世紀のマダム・エドワルダ」大岡淳編著

公開日: 更新日:

 2013年に、阿佐谷でジョルジュ・バタイユ原作の「マダム・エドワルダ」が人形劇で上演された。人形のデザインを担当したブブ・ド・ラ・マドレーヌ氏は、以前フランスで、その土地の観客がどういう生活をしているのかを知るために、フィールドワークとして売春をした経験がある。彼女は劇中に、日本社会の〈お母ちゃんファシズム〉を見る。そして、ファシストである母を補完する娼婦も、男にとっては妻というよりは母だという。

 宮台真司、中条省平氏らのバタイユの現代性をめぐる対話集。(光文社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  2. 2

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  3. 3

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  4. 4

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  5. 5

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  6. 6

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  7. 7

    橋本環奈の才は“奇跡の一枚”以前に是枝監督が見抜いていた

  8. 8

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  9. 9

    コロナより多い自殺者数 弁護士も増加要因つくっている?

  10. 10

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

もっと見る

人気キーワード