「子宮頸がん ワクチン事件」斎藤貴男著

公開日:  更新日:

 2009年に日本で子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)が承認されてから13年までに328万人もの少女に接種された。だが、自分の母親さえ分からなくなったり、知能が低下するという重篤な被害も出て積極的な勧奨は中断された。

 ワクチンの効果を高める免疫増強剤が関係しているとの疑いがあるが、科学的に証明されていない。HPVワクチン接種が広まった背景には、子宮頸がんの治療費とワクチン接種のコストパフォーマンスを比較する医療経済学と、政治家へのロビー活動に力を入れるメガファーマの存在がある。

 ワクチンビジネスと日本の医療政策の実態に迫るノンフィクション。

(集英社インターナショナル 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る