• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「後半生のこころの事典」佐藤眞一著

 人生の後半には、退職、親の死などさまざまなライフイベントに出合う。特に退職後の生活は夫婦の心のすれ違いが起こる。専業主婦は、社会的評価を得たいと思い、家事を効率的に済ませて趣味のサークルやボランティアに力を入れるので、退職してすることがない夫との間に軋轢が生じる。夫が退職前から家事を分担するなどの準備をしておくと家庭に居場所をつくりやすい。また、現代人の主観年齢は暦年齢より10歳若いため、アンチエイジングにこだわる。それが老化を受け入れられなくなることにつながることを認識しておく必要がある。

 人生の最期まで幸せに生きるためのアドバイス。(CCCメディアハウス 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る