「満洲難民 三八度線に阻まれた命」井上卓弥著

公開日:  更新日:

 1945年8月9日にソ連軍が侵攻。満州の首都・新京の日本人たちは、日本軍に置き去りにされ、情報もないまま町を離れる。本書は、その南下中、朝鮮北部の小さな町・郭山で難民生活を余儀なくされた日本人1000余人の過酷な脱出行を追ったルポルタージュである。

 貨車に詰め込まれ、たどり着いた郭山で強制的に下車させられた一行は国民学校に収容される。2日後、日本が降伏すると環境は一変。地元住民やソ連兵による略奪や暴行を受け、満州紙幣は暴落。飢餓と病気で死者が続出する。ソ連軍によって日本人の移動は禁じられ、やがて朝鮮半島も38度線で分断されてしまう。身動きが取れなくなった一行は、祖国を目指し決死の脱出を図る。(幻冬舎 1900円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る