「満洲難民 三八度線に阻まれた命」井上卓弥著

公開日: 更新日:

 1945年8月9日にソ連軍が侵攻。満州の首都・新京の日本人たちは、日本軍に置き去りにされ、情報もないまま町を離れる。本書は、その南下中、朝鮮北部の小さな町・郭山で難民生活を余儀なくされた日本人1000余人の過酷な脱出行を追ったルポルタージュである。

 貨車に詰め込まれ、たどり着いた郭山で強制的に下車させられた一行は国民学校に収容される。2日後、日本が降伏すると環境は一変。地元住民やソ連兵による略奪や暴行を受け、満州紙幣は暴落。飢餓と病気で死者が続出する。ソ連軍によって日本人の移動は禁じられ、やがて朝鮮半島も38度線で分断されてしまう。身動きが取れなくなった一行は、祖国を目指し決死の脱出を図る。(幻冬舎 1900円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

もっと見る

人気キーワード