「地球農学の構想 ミネラル畑にいのちはあふれ」川田薫、川田肇著

公開日:  更新日:

「岩石から抽出したミネラル」に着目した新しい農業科学への案内書。

 農業が直面する危機の根底にあるのは、病んだ「土」。ゆえに土のもとである「岩石」に含まれた、「わたしたちの『いのちの素』である『ミネラル』が、農を救う」と著者は説く。研究者だった氏は、三陸海岸の岩場に根を張る松の巨木を見て、岩石に含まれるミネラルの抽出を思いつく。以来、四半世紀をかけて、天然の「農業用ミネラル」を開発し、田畑の再生に挑んできた。ミネラルは、農業機器の使い過ぎなどで畑の地下数十センチにできた「耕盤」とよばれる硬い層を消すなど、さまざまな効果を発揮。その開発の歴史から、土壌や作物にもたらす効果などを解説する。(野草社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る