「地球農学の構想 ミネラル畑にいのちはあふれ」川田薫、川田肇著

公開日:  更新日:

「岩石から抽出したミネラル」に着目した新しい農業科学への案内書。

 農業が直面する危機の根底にあるのは、病んだ「土」。ゆえに土のもとである「岩石」に含まれた、「わたしたちの『いのちの素』である『ミネラル』が、農を救う」と著者は説く。研究者だった氏は、三陸海岸の岩場に根を張る松の巨木を見て、岩石に含まれるミネラルの抽出を思いつく。以来、四半世紀をかけて、天然の「農業用ミネラル」を開発し、田畑の再生に挑んできた。ミネラルは、農業機器の使い過ぎなどで畑の地下数十センチにできた「耕盤」とよばれる硬い層を消すなど、さまざまな効果を発揮。その開発の歴史から、土壌や作物にもたらす効果などを解説する。(野草社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る