「閉店屋五郎」原宏一著

公開日:  更新日:

 閉店した店や事務所の機器を買い取り、転売する中古屋の五郎は、周囲から閉店屋と呼ばれている。ある夜、見積もり依頼があった定食屋を訪ねた五郎は、依頼主の藤崎に会う前に看板娘の由佳に追い返されてしまう。

 翌日、五郎を訪ねてきた由佳は、父親がいつでも店を再開できるように引き取った品を一時預かりにして欲しいと言い出す。聞くと、藤崎は5年間通い続けてきた常連客がある日を境に姿を見せなくなり、店を続ける気力を失ったらしい。由佳の留守に再び店を訪ねた五郎は、藤崎から閉店を決意した経緯を聞く。そして、父娘の板挟みになった五郎は、その常連客・孝子を捜すことに。(表題作)

 情に流されトラブルに巻き込まれる五郎を主人公にした連作人情小説集。
(文藝春秋 1550円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る