「閉店屋五郎」原宏一著

公開日:  更新日:

 閉店した店や事務所の機器を買い取り、転売する中古屋の五郎は、周囲から閉店屋と呼ばれている。ある夜、見積もり依頼があった定食屋を訪ねた五郎は、依頼主の藤崎に会う前に看板娘の由佳に追い返されてしまう。

 翌日、五郎を訪ねてきた由佳は、父親がいつでも店を再開できるように引き取った品を一時預かりにして欲しいと言い出す。聞くと、藤崎は5年間通い続けてきた常連客がある日を境に姿を見せなくなり、店を続ける気力を失ったらしい。由佳の留守に再び店を訪ねた五郎は、藤崎から閉店を決意した経緯を聞く。そして、父娘の板挟みになった五郎は、その常連客・孝子を捜すことに。(表題作)

 情に流されトラブルに巻き込まれる五郎を主人公にした連作人情小説集。
(文藝春秋 1550円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る