• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「殿さま狸」簑輪諒著

 天正9(1581)年秋、秀吉の親衛隊である黄母衣衆のひとり、家政は、偉大すぎる父・蜂須賀小六と秀吉に屈折した思いを抱き続けていた。半年後、秀吉の毛利攻めが続く中、前線から離れた播磨竜野城で城代を務めていた家政に明智光秀が主君の信長を討ち果たしたとの知らせが届く。父を超えるためにどう動くべきか必死に考え尽くした家政の出した結論は、この機を利用して秀吉を「天下の主へ押し上げる」というものだった。そのために父・小六を使って毛利と和議を結び、羽柴軍を上方へ大返し(総反転)させるべく、家政は家臣の稲田や法斎とともに動き出す。

「阿波の古狸」と呼ばれた家政の葛藤と成長を描く時代長編。

(学研パブリッシング 1350円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る