「殿さま狸」簑輪諒著

公開日:  更新日:

 天正9(1581)年秋、秀吉の親衛隊である黄母衣衆のひとり、家政は、偉大すぎる父・蜂須賀小六と秀吉に屈折した思いを抱き続けていた。半年後、秀吉の毛利攻めが続く中、前線から離れた播磨竜野城で城代を務めていた家政に明智光秀が主君の信長を討ち果たしたとの知らせが届く。父を超えるためにどう動くべきか必死に考え尽くした家政の出した結論は、この機を利用して秀吉を「天下の主へ押し上げる」というものだった。そのために父・小六を使って毛利と和議を結び、羽柴軍を上方へ大返し(総反転)させるべく、家政は家臣の稲田や法斎とともに動き出す。

「阿波の古狸」と呼ばれた家政の葛藤と成長を描く時代長編。

(学研パブリッシング 1350円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る