話題作「アクト・オブ・キリング」のバート2「ルック・オブ・サイレンス」

公開日: 更新日:

 1965年のインドネシア大虐殺を追って話題になったドキュメンタリー「アクト・オブ・キリング」。その“パート2”が現在公開中で、再び評判を呼んでいる。ジョシュア・オッペンハイマー監督の「ルック・オブ・サイレンス」。

 前作はスカルノ政権下のクーデターに始まった共産主義者狩りで虐殺を実行した面々に迫り、喜々として惨殺の模様を語る姿を捉えて驚かせた。

 今回は逆に虐殺された側の遺族に寄り添い、加害者に向かって「ぼくの兄はあなたに殺されました」と語りかけるさまを見せるのだ。

 最初は監督も普通のドキュメンタリーのように加害者と被害者を一作の中で見比べる構成を考えていたらしい。

 だが取材の過程で相手の語りがみずからふくらんで、加被双方をそれぞれ扱う2部作になったのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る