話題作「アクト・オブ・キリング」のバート2「ルック・オブ・サイレンス」

公開日:  更新日:

 1965年のインドネシア大虐殺を追って話題になったドキュメンタリー「アクト・オブ・キリング」。その“パート2”が現在公開中で、再び評判を呼んでいる。ジョシュア・オッペンハイマー監督の「ルック・オブ・サイレンス」。

 前作はスカルノ政権下のクーデターに始まった共産主義者狩りで虐殺を実行した面々に迫り、喜々として惨殺の模様を語る姿を捉えて驚かせた。

 今回は逆に虐殺された側の遺族に寄り添い、加害者に向かって「ぼくの兄はあなたに殺されました」と語りかけるさまを見せるのだ。

 最初は監督も普通のドキュメンタリーのように加害者と被害者を一作の中で見比べる構成を考えていたらしい。

 だが取材の過程で相手の語りがみずからふくらんで、加被双方をそれぞれ扱う2部作になったのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る