遅咲きのジュリアン・ムーア 最新の話題作「アリスのままで」

公開日:  更新日:

 遅咲きの役者は長持ちする。その典型がジュリアン・ムーアじゃないかと思う。なにしろ「ブギーナイツ」で注目されたのが37歳。初めから成熟した印象のおかげで50代半ばでも役柄が狭まらない。そんな彼女の最新の話題作が先週末封切りの「アリスのままで」だ。50歳で若年性アルツハイマーを発症した女性言語学者の役でアカデミー主演女優賞受賞というので既に評判だが、単なる難病ものの域を超える脚本の書きこみと演出が冴える。

 たとえばヒロインの夫は理解ある優しい男だが、妻の病気が医師としての自分の野心の邪魔になるのを内心警戒しているのがあらわだし、ヒロインも「これががんなら誰もが同情してくれる。でも今の私は同情される自分が誰かすらわからなくなる。それが何より恥ずかしいの」と吐露する。真の苦境に立った人間性のとらえかたが一段深いのだ。

 ちなみに2人の共同監督のうちR・グラッツァー氏は長年ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患っていたというから(映画の公開直後に死去)、そんなことの反映もあったのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る