• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アメリカ南部の大学が舞台の“女子会映画”「ピッチ・パーフェクト」

 日本で学園ものといえばもっぱら高校か中学だが、アメリカでは大学ものもいまなお盛ん。ただし傑作は少なく、大ヒット作も「アニマル・ハウス」あたりまでさかのぼるか「グッド・ウィル・ハンティング」のような変化球になることが多い。と、ここにきて早くもパート2まで既に大ヒットという注目株が登場した。先週末封切りの「ピッチ・パーフェクト」だ。

 舞台は南部にある架空の名門バーデン大。不人気な女子だけのアカペラサークルが必死でかきあつめた新入生で新しいスタイルをつくり出し、最後は全米優勝を遂げるというお約束ものの典型。だが、こういう映画こそ「見る前からわかる」なんて言ってはいけない。

 主演のアナ・ケンドリックは史上2番目の若さでトニー賞ミュージカル助演女優賞にノミネートという才能だが、むしろこういうのは全員がバディ(ダチ)になる過程の笑わせ方がカギなのだ。その点、本作は製作に当たった女優エリザベス・バンクスが自身の大学時代をふまえてかなり身を入れたとみえて、ガールズもの、アカペラもの双方で手抜かりのない仕上がりになっている。舞台のバーデン大は共学の設定だが、むしろ女子大というか“女子会映画”ですな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る