アメリカ南部の大学が舞台の“女子会映画”「ピッチ・パーフェクト」

公開日: 更新日:

 日本で学園ものといえばもっぱら高校か中学だが、アメリカでは大学ものもいまなお盛ん。ただし傑作は少なく、大ヒット作も「アニマル・ハウス」あたりまでさかのぼるか「グッド・ウィル・ハンティング」のような変化球になることが多い。と、ここにきて早くもパート2まで既に大ヒットという注目株が登場した。先週末封切りの「ピッチ・パーフェクト」だ。

 舞台は南部にある架空の名門バーデン大。不人気な女子だけのアカペラサークルが必死でかきあつめた新入生で新しいスタイルをつくり出し、最後は全米優勝を遂げるというお約束ものの典型。だが、こういう映画こそ「見る前からわかる」なんて言ってはいけない。

 主演のアナ・ケンドリックは史上2番目の若さでトニー賞ミュージカル助演女優賞にノミネートという才能だが、むしろこういうのは全員がバディ(ダチ)になる過程の笑わせ方がカギなのだ。その点、本作は製作に当たった女優エリザベス・バンクスが自身の大学時代をふまえてかなり身を入れたとみえて、ガールズもの、アカペラもの双方で手抜かりのない仕上がりになっている。舞台のバーデン大は共学の設定だが、むしろ女子大というか“女子会映画”ですな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  7. 7

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  8. 8

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

もっと見る