インヒアレント・ヴァイス

公開日:  更新日:

 将来を嘱望されながら消えた往年の美男美女に、銀幕で再会することがある。現在公開中の映画「インヒアレント・ヴァイス」のエリック・ロバーツもそれ。

 80年代初頭、イケメン演技派として注目されながら演技オタク特有の自己破壊願望で汚れ役に挑戦するうちに脇役へ。

 それが今回は「行方不明になったナチスかぶれのユダヤ人の成り金」というワケワカラン役で結構いい味を出していたのだ。

 話の舞台は70年代初頭のロス。ホアキン・フェニックス扮する主人公は私立探偵だが、ノワール・ヒーローとは裏腹にモジャモジャ頭で、サンダル履きのマリフアナ大好き天然ヒッピー。

 謎の前衛作家トマス・ピンチョンの原作もヒッピー文化が曲がり角に差しかかったこの時期を知る70年代世代なら百倍楽しい小ネタ満載小説だが、敵役の警部補を演じるジョシュ・ブローリンが「ポイント・ブランク」のリー・マービンに密かなオマージュを捧げるなど映画はよりディープな味わいに徹し、それが逆に「70年代も遠くなりにけり」という感慨をもたらすのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る