• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

インヒアレント・ヴァイス

 将来を嘱望されながら消えた往年の美男美女に、銀幕で再会することがある。現在公開中の映画「インヒアレント・ヴァイス」のエリック・ロバーツもそれ。

 80年代初頭、イケメン演技派として注目されながら演技オタク特有の自己破壊願望で汚れ役に挑戦するうちに脇役へ。

 それが今回は「行方不明になったナチスかぶれのユダヤ人の成り金」というワケワカラン役で結構いい味を出していたのだ。

 話の舞台は70年代初頭のロス。ホアキン・フェニックス扮する主人公は私立探偵だが、ノワール・ヒーローとは裏腹にモジャモジャ頭で、サンダル履きのマリフアナ大好き天然ヒッピー。

 謎の前衛作家トマス・ピンチョンの原作もヒッピー文化が曲がり角に差しかかったこの時期を知る70年代世代なら百倍楽しい小ネタ満載小説だが、敵役の警部補を演じるジョシュ・ブローリンが「ポイント・ブランク」のリー・マービンに密かなオマージュを捧げるなど映画はよりディープな味わいに徹し、それが逆に「70年代も遠くなりにけり」という感慨をもたらすのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る