インヒアレント・ヴァイス

公開日:  更新日:

 将来を嘱望されながら消えた往年の美男美女に、銀幕で再会することがある。現在公開中の映画「インヒアレント・ヴァイス」のエリック・ロバーツもそれ。

 80年代初頭、イケメン演技派として注目されながら演技オタク特有の自己破壊願望で汚れ役に挑戦するうちに脇役へ。

 それが今回は「行方不明になったナチスかぶれのユダヤ人の成り金」というワケワカラン役で結構いい味を出していたのだ。

 話の舞台は70年代初頭のロス。ホアキン・フェニックス扮する主人公は私立探偵だが、ノワール・ヒーローとは裏腹にモジャモジャ頭で、サンダル履きのマリフアナ大好き天然ヒッピー。

 謎の前衛作家トマス・ピンチョンの原作もヒッピー文化が曲がり角に差しかかったこの時期を知る70年代世代なら百倍楽しい小ネタ満載小説だが、敵役の警部補を演じるジョシュ・ブローリンが「ポイント・ブランク」のリー・マービンに密かなオマージュを捧げるなど映画はよりディープな味わいに徹し、それが逆に「70年代も遠くなりにけり」という感慨をもたらすのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る