幻想の近未来ハリウッドが舞台のSF映画「コングレス未来学会議」

公開日:  更新日:

 アニメの神髄は寓意にある。日本ではなぜかリアル重視のアニメ界だが、元来「動く絵」であるアニメは現実をなぞる(=写す)のではなく、現実のエッセンスを抽出し、いわば「たとえ話」なのである。

 その点でいま一番の“アニメ使い”はイスラエルのアリ・フォルマン監督だろう。自身の戦争体験(第5次中東戦争)をアニメで描いた「戦場でワルツを」は秀逸なアイデアが光ったが、その彼が同じ手法をまったく別の素材に応用したのが今週末封切りの「コングレス未来学会議」だ。

 原作はスタニスワフ・レムの昔のSF小説。幻覚剤で人々が管理される未来社会の話だが、フォルマンはこれをスター俳優が肉体のスキャンデータを会社に売り渡し、CGだけで映画が作られる幻想の近未来ハリウッドの話に置き換えた。それが単なる作り話に見えないのは「フォレスト・ガンプ」の女優ロビン・ライトが実名で主演し、虚実皮膜を地で行く設定のおかげ。さらに20年後、初老になった彼女が再び登場するところで実写とアニメが巧みにより合わされるのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る