「宵待草 夜情」連城三紀彦著

公開日: 更新日:

 国文学者の「私」は、銀座の工事現場から明治初期の人骨の一部が発見されたニュースを聞き、明治22年に殺された能楽師・藤生貢のものではないかと思う。藤生流は正史には登場せず、貢の父・伸雅を援助していた伯爵の回顧録に、欧州で暮らしていた伯爵の5年ぶりの帰国の祝いの席で亡き父の遺志を継いだ貢が「井筒」を舞ったことが記されているだけだ。

 貢はその宴の3日後に失踪し、10日後に変死体となって発見された。当時の新聞によると、伸雅の後妻・篠が、当時16歳だった貢を殺害し、その遺体を切り刻んで自宅近辺の桜の木の根元に埋めたとある。(「能師の妻」)

 2年前亡くなった著者の傑作ミステリー5作品集。(角川春樹事務所 700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る