「宵待草 夜情」連城三紀彦著

公開日: 更新日:

 国文学者の「私」は、銀座の工事現場から明治初期の人骨の一部が発見されたニュースを聞き、明治22年に殺された能楽師・藤生貢のものではないかと思う。藤生流は正史には登場せず、貢の父・伸雅を援助していた伯爵の回顧録に、欧州で暮らしていた伯爵の5年ぶりの帰国の祝いの席で亡き父の遺志を継いだ貢が「井筒」を舞ったことが記されているだけだ。

 貢はその宴の3日後に失踪し、10日後に変死体となって発見された。当時の新聞によると、伸雅の後妻・篠が、当時16歳だった貢を殺害し、その遺体を切り刻んで自宅近辺の桜の木の根元に埋めたとある。(「能師の妻」)

 2年前亡くなった著者の傑作ミステリー5作品集。(角川春樹事務所 700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る