「宵待草 夜情」連城三紀彦著

公開日:  更新日:

 国文学者の「私」は、銀座の工事現場から明治初期の人骨の一部が発見されたニュースを聞き、明治22年に殺された能楽師・藤生貢のものではないかと思う。藤生流は正史には登場せず、貢の父・伸雅を援助していた伯爵の回顧録に、欧州で暮らしていた伯爵の5年ぶりの帰国の祝いの席で亡き父の遺志を継いだ貢が「井筒」を舞ったことが記されているだけだ。

 貢はその宴の3日後に失踪し、10日後に変死体となって発見された。当時の新聞によると、伸雅の後妻・篠が、当時16歳だった貢を殺害し、その遺体を切り刻んで自宅近辺の桜の木の根元に埋めたとある。(「能師の妻」)

 2年前亡くなった著者の傑作ミステリー5作品集。(角川春樹事務所 700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る