描き下ろし時代小説編

公開日: 更新日:

「奴隷戦国 1572年 信玄の海人」久瀬千路著

 元亀3(1572)年、素破として武田信玄に仕える市勘は、駿河の江尻城主穴山信君の下で水軍編成に携わっていた。ある日、市勘は他人の身代わりとして海に投げ込まれた里々を助ける。故郷の伊豆に帰るよう説得するが応じない里々は、市勘の家に居座る。そんな中、信玄が遠江に向け出陣。二俣城攻めに加わる市勘に里々も同行する。難攻不落の二俣城を落とすため筏で天竜川を下った市勘は、戦功をあげるが、重傷を負う。数日後、九死に一生を得て隠れ家に戻った市勘は、里々が何者かにさらわれ、商人に売られたことを知る。

 愛する人を救おうと奴隷商人に立ち向かう若き忍びの戦いを描いた時代冒険小説。(光文社 620円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  3. 3

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  7. 7

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  8. 8

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  9. 9

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る

人気キーワード