「あきんど百譚 さくら」佐々木裕一著

公開日: 更新日:

 能登屋の主・作兵衛は、8代続く塗師で、その職人技は天下一品と称賛され、将軍家献上の品を依頼されることも珍しくない。一方で、独身の作兵衛は、一晩で100両の大金を使うこともあるほど、夜遊びも激しい。ある日、能登屋を揺るがす大事件が起きる。小僧の昌介が廻船問屋の越前屋から請け負っていた嫁入り道具の高価な蒔絵の手箱を間違って旗本の田辺家に届けてしまったのだ。出戻りを嫌う越前屋から作り直しを迫られ取り掛かる作兵衛だが、職人たちが次々と辞めていってしまう。すべては同業者の伊豆屋が能登屋を潰すために仕組んだ罠だった。(「塗師」)

 本紙連載「朝顔売りと恋女房」(「いい女」に改題)他、4作を収録した時代人情短編集。(双葉社 648円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る

人気キーワード