「あきんど百譚 さくら」佐々木裕一著

公開日: 更新日:

 能登屋の主・作兵衛は、8代続く塗師で、その職人技は天下一品と称賛され、将軍家献上の品を依頼されることも珍しくない。一方で、独身の作兵衛は、一晩で100両の大金を使うこともあるほど、夜遊びも激しい。ある日、能登屋を揺るがす大事件が起きる。小僧の昌介が廻船問屋の越前屋から請け負っていた嫁入り道具の高価な蒔絵の手箱を間違って旗本の田辺家に届けてしまったのだ。出戻りを嫌う越前屋から作り直しを迫られ取り掛かる作兵衛だが、職人たちが次々と辞めていってしまう。すべては同業者の伊豆屋が能登屋を潰すために仕組んだ罠だった。(「塗師」)

 本紙連載「朝顔売りと恋女房」(「いい女」に改題)他、4作を収録した時代人情短編集。(双葉社 648円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  8. 8

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  9. 9

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る