「あきんど百譚 さくら」佐々木裕一著

公開日:  更新日:

 能登屋の主・作兵衛は、8代続く塗師で、その職人技は天下一品と称賛され、将軍家献上の品を依頼されることも珍しくない。一方で、独身の作兵衛は、一晩で100両の大金を使うこともあるほど、夜遊びも激しい。ある日、能登屋を揺るがす大事件が起きる。小僧の昌介が廻船問屋の越前屋から請け負っていた嫁入り道具の高価な蒔絵の手箱を間違って旗本の田辺家に届けてしまったのだ。出戻りを嫌う越前屋から作り直しを迫られ取り掛かる作兵衛だが、職人たちが次々と辞めていってしまう。すべては同業者の伊豆屋が能登屋を潰すために仕組んだ罠だった。(「塗師」)

 本紙連載「朝顔売りと恋女房」(「いい女」に改題)他、4作を収録した時代人情短編集。(双葉社 648円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る