「かぶき者慶次(1・2)」小松江里子作 火坂雅志原案 百瀬しのぶノベライズ

公開日:  更新日:

 関ケ原の戦いから8年、かつて秀吉から「天下のかぶき者」といわれた前田慶次は、米沢城下で隠居さながらの暮らしをしていた。息子の新九郎は、そんな父親から早く家督を譲り受け、主君のために働きたい。しかし、なぜか慶次は新九郎に家督を譲ろうとしない。

 そんなある日、新九郎は関所破りの牢人が父を捜していることを知る。一方、金沢から次女の佐乃が突然、慶次を訪ねてきた。お互いの存在を知らなかった佐乃と新九郎は唖然となる。

 実は慶次が息子として育ててきた新九郎は恩人の石田三成の子だった。同じころ、江戸城内で上杉家の取り潰しを画策する和泉局は、上杉家に三成の息子がかくまわれていることを耳にする。NHKで放映された時代劇ドラマのノベライズ。(宝島社 各680円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る