• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「経済特区自由村」黒野伸一著

 大手外食産業の下請けとして養鶏場を営む明男は、親会社の営業マンに我慢ができなくなり突き飛ばしてしまう。動かなくなった営業マンを見て怖くなった明男は、車のガソリンが尽きるまで逃げた末に山をさまよい、老婆に助けられる。救ってくれたのは、人里離れた神山田村に暮らす、こなただった。

 一方、女格闘家の洋子は、生活費稼ぎで始めたインストラクターの生徒・香織に頼まれ神山田村に潜入する。村の空き家には、自給自足を唱える民人という男に賛同する都会からの移住者が集まり暮らしていた。洋子は、村にいるはずの香織の娘・雅を捜す。「限界集落株式会社」の著者がエコをテーマに描くエンタメ長編。(徳間書店 680円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  3. 3

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る