• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「動物翻訳家」片野ゆか著

 各地の動物園で、動物たちのためにより良い環境を目指して悪戦苦闘する飼育員たちの姿を描いたリアルストーリー。

 埼玉県こども動物自然公園の飼育員・小山は、園長の日橋に見込まれ新設されるペンギン舎の担当に抜擢される。施設は来園者が動物舎の中を歩きながら観察する「ウオークスルー」を導入することになり、小山らは研究者の提案で南米チリのフンボルトペンギンの生息地・チロエ島と同じ環境をつくることを目指す。その他、巨大鳥類のアフリカハゲコウが自在に空を飛び回るフリーフライト公開を実現した山口県の秋吉台自然動物公園サファリランドの佐藤梓ら、4人の飼育員の奮闘を紹介する。(集英社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る