「暴走を始めた中国2億6000万人の現代流民」石平著

公開日:  更新日:

 世界が注視する中国経済の現状と行方を伝える国際リポート。

 李克強首相は、かつて「中国経済の指標で信用できるのは、鉄道貨物運送量と電力消費量だけ」と発言。しかし、昨年の電力消費量の伸び率は半減、鉄道貨物運送量に至ってはマイナスに転じていると指摘。その他、さまざまな指標を検証しながら、中国政府が発表した経済成長率7・4%という数字はまやかしで、中国経済は悪夢のようなマイナス成長の真っただ中にいると断じる。中国経済が抱えるジレンマとその帰結を解説。やがて経済発展を支えてきた安価な労働力を担ってきた農村戸籍の若者たち「農民工」が、大規模な暴走を始め、体制維持さえ難しくなると展望する。(講談社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る