「中野のお父さん」北村薫著

公開日:  更新日:

 美希が勤務する出版社が主催する新人賞の社内選考会で最終候補作4作品が決まった。美希が推す「夢の風車」は、中でもダントツの出来栄えで受賞は間違いないと思われた。美希は、さっそく「夢の風車」の作者の国高に最終候補に残ったことを連絡する。受賞すれば、美希がそのまま国高の担当編集者になるのだ。しかし、当の国高は新人賞に応募などしていないと言い出す。よく聞くと、同名タイトルの小説を応募したのは2年も前で、その時は2次選考にも残らなかったという。一体何が起きたのか。美希は父に助けを求めるため、中野の実家に向かう。(「夢の風車」)

 高校教師の父が娘の持ち込む出版業界の謎を解き明かす軽快ミステリー。(文藝春秋 1400円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る