「中野のお父さん」北村薫著

公開日:  更新日:

 美希が勤務する出版社が主催する新人賞の社内選考会で最終候補作4作品が決まった。美希が推す「夢の風車」は、中でもダントツの出来栄えで受賞は間違いないと思われた。美希は、さっそく「夢の風車」の作者の国高に最終候補に残ったことを連絡する。受賞すれば、美希がそのまま国高の担当編集者になるのだ。しかし、当の国高は新人賞に応募などしていないと言い出す。よく聞くと、同名タイトルの小説を応募したのは2年も前で、その時は2次選考にも残らなかったという。一体何が起きたのか。美希は父に助けを求めるため、中野の実家に向かう。(「夢の風車」)

 高校教師の父が娘の持ち込む出版業界の謎を解き明かす軽快ミステリー。(文藝春秋 1400円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る