「定中役捕物帖金と銀」誉田龍一著

公開日:  更新日:

 花形の定町廻りから、定中役に格下げされた南町奉行所同心の金吾は、将軍御成の警備のため高積見廻り役の手伝いを命じられる。市中を見回り中、金吾は雨上がりのぬかるんだ道で車輪が深く沈み込む荷車に気づく。車引きの会話から、彼らは数日同じ道を行き来するようだ。抜け荷による入り鉄砲を心配した金吾が翌日、荷車の行方を追うと、ある問屋場に運び込まれた。元盗人のお恵を問屋場に忍び込ませて確認すると、運ばれたのは御金改役の後藤の署名と花押がある包み金だった。金吾と同役の銀十郎は、幕府に納められる小判が、金座から横流しされているのではと疑う。

 窓際同心の金吾と相棒・銀十郎が活躍する痛快時代長編。

(徳間書店 630円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る