「友罪」薬丸岳著

公開日:  更新日:

 27歳の益田は、人生をやり直すため埼玉の町工場に就職。同じ日に入社して寮でも隣室になった鈴木は人を寄せ付けず、寮の先輩らにも馴染もうとしない。そんな彼を放っておけず声をかける益田に、鈴木は次第に心を開いてくる。同じころ、矯正局の職員・弥生のもとに鈴木から連絡が入る。14年前、少年2人が惨殺された「黒蛇神事件」が発生。弥生は、医療少年院で当時、14歳だった犯人の母親代わりを務めてきた。鈴木という名を与えられ社会復帰した少年は、特別チームによって観察されていたが、半年前に行方がわからなくなっていたのだ。

 親しくなった人が重大事件の犯人だったと知った人々の苦悩を描く長編小説。

(集英社 830円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る