• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「友罪」薬丸岳著

 27歳の益田は、人生をやり直すため埼玉の町工場に就職。同じ日に入社して寮でも隣室になった鈴木は人を寄せ付けず、寮の先輩らにも馴染もうとしない。そんな彼を放っておけず声をかける益田に、鈴木は次第に心を開いてくる。同じころ、矯正局の職員・弥生のもとに鈴木から連絡が入る。14年前、少年2人が惨殺された「黒蛇神事件」が発生。弥生は、医療少年院で当時、14歳だった犯人の母親代わりを務めてきた。鈴木という名を与えられ社会復帰した少年は、特別チームによって観察されていたが、半年前に行方がわからなくなっていたのだ。

 親しくなった人が重大事件の犯人だったと知った人々の苦悩を描く長編小説。

(集英社 830円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る