「老父の誘拐」小川征也著

公開日: 更新日:

 田園調布に暮らす75歳の元教師・雄作は、行きつけの喫茶店で知り合った平田に誘われ、彼が住む久里浜のリゾートマンションに遊びに行く。もてなしを受け、翌朝、目覚めた雄作は、平田から実は自分が誘拐されたことを伝えられる。

 雄作の息子・一馬は、次期総理候補と目される政治家で、嫁は資産家だった。しかし、ただの手先で、雄作を連れ出し、面倒を見るよう指示されているだけの平田にも、犯人の要求は見当がつかないという。自分の身に何かあったら孫の森一が同じ目に遭うと脅された雄作は、平田の指示に従うことに。

 誘拐事件を題材に雄作・一馬親子のそれぞれの人生と人間模様を描き出す長編エンターテインメント。
(作品社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  8. 8

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  9. 9

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る

人気キーワード