• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「老父の誘拐」小川征也著

 田園調布に暮らす75歳の元教師・雄作は、行きつけの喫茶店で知り合った平田に誘われ、彼が住む久里浜のリゾートマンションに遊びに行く。もてなしを受け、翌朝、目覚めた雄作は、平田から実は自分が誘拐されたことを伝えられる。

 雄作の息子・一馬は、次期総理候補と目される政治家で、嫁は資産家だった。しかし、ただの手先で、雄作を連れ出し、面倒を見るよう指示されているだけの平田にも、犯人の要求は見当がつかないという。自分の身に何かあったら孫の森一が同じ目に遭うと脅された雄作は、平田の指示に従うことに。

 誘拐事件を題材に雄作・一馬親子のそれぞれの人生と人間模様を描き出す長編エンターテインメント。
(作品社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る