「老父の誘拐」小川征也著

公開日: 更新日:

 田園調布に暮らす75歳の元教師・雄作は、行きつけの喫茶店で知り合った平田に誘われ、彼が住む久里浜のリゾートマンションに遊びに行く。もてなしを受け、翌朝、目覚めた雄作は、平田から実は自分が誘拐されたことを伝えられる。

 雄作の息子・一馬は、次期総理候補と目される政治家で、嫁は資産家だった。しかし、ただの手先で、雄作を連れ出し、面倒を見るよう指示されているだけの平田にも、犯人の要求は見当がつかないという。自分の身に何かあったら孫の森一が同じ目に遭うと脅された雄作は、平田の指示に従うことに。

 誘拐事件を題材に雄作・一馬親子のそれぞれの人生と人間模様を描き出す長編エンターテインメント。
(作品社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る