「気まぐれ古本さんぽ2006→2014」岡崎武志著

公開日: 更新日:

 古本との出合いを求め全国各地の古書店を巡り歩く紀行エッセー。

 名古屋に何度も足を運びながら、タイミングが合わず行ったことがなかった「名古屋古書会館」。カルチャーセンターの講座を受け持つことになり、その生徒らとついに訪ねることができた古書会館の即売会で、戦前の作家・中河与一の「愛恋無限」(1937年)を500円で入手。

 その他、シャッター商店街で頑張る米子の老舗「油屋書店」、元会社員が故郷に戻って開業した広島の「景雲堂書店」、そして元古着屋の名残のセーラー服が天井からつるされた高円寺の「アニマル洋子」など。9年間で訪ねた100軒以上の古書店と入手した書籍にまつわるエピソードを紹介。
(工作舎 2300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  5. 5

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  8. 8

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

  9. 9

    過去にも関与…自民「ネトウヨ冊子」ネタ元は身内の可能性

  10. 10

    注目のLIXIL株主総会 開始時間「11時」に飛び交う疑問

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る