「気まぐれ古本さんぽ2006→2014」岡崎武志著

公開日: 更新日:

 古本との出合いを求め全国各地の古書店を巡り歩く紀行エッセー。

 名古屋に何度も足を運びながら、タイミングが合わず行ったことがなかった「名古屋古書会館」。カルチャーセンターの講座を受け持つことになり、その生徒らとついに訪ねることができた古書会館の即売会で、戦前の作家・中河与一の「愛恋無限」(1937年)を500円で入手。

 その他、シャッター商店街で頑張る米子の老舗「油屋書店」、元会社員が故郷に戻って開業した広島の「景雲堂書店」、そして元古着屋の名残のセーラー服が天井からつるされた高円寺の「アニマル洋子」など。9年間で訪ねた100軒以上の古書店と入手した書籍にまつわるエピソードを紹介。
(工作舎 2300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る

人気キーワード