「言い訳だらけの人生」平安寿子著

公開日: 更新日:

 家電メーカーに勤務する修司は、49歳の誕生日を迎えた。バブル入社組の課長補佐だが、もう昇進や役職に興味も湧かない。

 そんなある日、中学時代の友人・和彦から「徳市じいさんが死んだ」と聞く。98歳だったという。徳市じいさんは、修司たちが暮らすニュータウンの裏山で、周囲との交流を避け、仙人のように暮らしていた変人だ。中学1年のとき、裏山へ探検にでかけて以来、和彦と修司、そして弟分の達也の3人は、じいさんの家に入りびたり、遊んでいた。和彦は、娘が遺骨の引き取りを拒否したじいさんの葬式をあの裏山でやるので参列して欲しいと修司を誘う。

 秘密の場所の思い出を共有する3人の中年男を主人公にした長編小説。
(光文社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  9. 9

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る

人気キーワード