• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「言い訳だらけの人生」平安寿子著

 家電メーカーに勤務する修司は、49歳の誕生日を迎えた。バブル入社組の課長補佐だが、もう昇進や役職に興味も湧かない。

 そんなある日、中学時代の友人・和彦から「徳市じいさんが死んだ」と聞く。98歳だったという。徳市じいさんは、修司たちが暮らすニュータウンの裏山で、周囲との交流を避け、仙人のように暮らしていた変人だ。中学1年のとき、裏山へ探検にでかけて以来、和彦と修司、そして弟分の達也の3人は、じいさんの家に入りびたり、遊んでいた。和彦は、娘が遺骨の引き取りを拒否したじいさんの葬式をあの裏山でやるので参列して欲しいと修司を誘う。

 秘密の場所の思い出を共有する3人の中年男を主人公にした長編小説。
(光文社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る