「言い訳だらけの人生」平安寿子著

公開日:  更新日:

 家電メーカーに勤務する修司は、49歳の誕生日を迎えた。バブル入社組の課長補佐だが、もう昇進や役職に興味も湧かない。

 そんなある日、中学時代の友人・和彦から「徳市じいさんが死んだ」と聞く。98歳だったという。徳市じいさんは、修司たちが暮らすニュータウンの裏山で、周囲との交流を避け、仙人のように暮らしていた変人だ。中学1年のとき、裏山へ探検にでかけて以来、和彦と修司、そして弟分の達也の3人は、じいさんの家に入りびたり、遊んでいた。和彦は、娘が遺骨の引き取りを拒否したじいさんの葬式をあの裏山でやるので参列して欲しいと修司を誘う。

 秘密の場所の思い出を共有する3人の中年男を主人公にした長編小説。
(光文社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る