• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「家族の健康を守る家」深谷賢司著

 著者は金沢大学医学部出身の脳神経外科医。日々繊細な手術に明け暮れるドクターが家づくりの本を書いたのには訳がある。

 大学病院に勤務していたころ、転勤が多かった。そのたびに家族はアパートや借家を転々とした。勤務地は北陸3県。どの家も冬はひどく寒く、夏は暑かった。そのせいか妻は冷え性で低体温症。子どもたちもよく風邪をひいた。

 住みにくい家、不快な家をいやというほど体感して、ドクターは考えた。家族が健康に暮らせる家を建てよう。そして大学病院を辞め、転勤のない病院に移り、10年前に家を建てた。

 その個人的体験に医者としての知見を交えて書いたのがこの本。家について自分なりに勉強し、大手住宅メーカーに失望し、行き着いたのは地元工務店による「ソーラーサーキットの家」だった。外断熱、二重通気、24時間換気の家は、内部の温度差がなく、一年中快適。空気がきれいで、カビやダニも発生しにくい。おかげで妻の体調が改善し、さらに5人の子宝に恵まれて、9人兄弟の大家族になった。

 家は人間の心身を守り休めるためのシェルターであるべき、というドクターの目線は、これから家を建てようという人に大いに参考になるだろう。(PHP研究所 1300円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る