「家族の健康を守る家」深谷賢司著

公開日: 更新日:

 著者は金沢大学医学部出身の脳神経外科医。日々繊細な手術に明け暮れるドクターが家づくりの本を書いたのには訳がある。

 大学病院に勤務していたころ、転勤が多かった。そのたびに家族はアパートや借家を転々とした。勤務地は北陸3県。どの家も冬はひどく寒く、夏は暑かった。そのせいか妻は冷え性で低体温症。子どもたちもよく風邪をひいた。

 住みにくい家、不快な家をいやというほど体感して、ドクターは考えた。家族が健康に暮らせる家を建てよう。そして大学病院を辞め、転勤のない病院に移り、10年前に家を建てた。

 その個人的体験に医者としての知見を交えて書いたのがこの本。家について自分なりに勉強し、大手住宅メーカーに失望し、行き着いたのは地元工務店による「ソーラーサーキットの家」だった。外断熱、二重通気、24時間換気の家は、内部の温度差がなく、一年中快適。空気がきれいで、カビやダニも発生しにくい。おかげで妻の体調が改善し、さらに5人の子宝に恵まれて、9人兄弟の大家族になった。

 家は人間の心身を守り休めるためのシェルターであるべき、というドクターの目線は、これから家を建てようという人に大いに参考になるだろう。(PHP研究所 1300円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  3. 3

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  8. 8

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  9. 9

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る

人気キーワード