「家族の健康を守る家」深谷賢司著

公開日:  更新日:

 著者は金沢大学医学部出身の脳神経外科医。日々繊細な手術に明け暮れるドクターが家づくりの本を書いたのには訳がある。

 大学病院に勤務していたころ、転勤が多かった。そのたびに家族はアパートや借家を転々とした。勤務地は北陸3県。どの家も冬はひどく寒く、夏は暑かった。そのせいか妻は冷え性で低体温症。子どもたちもよく風邪をひいた。

 住みにくい家、不快な家をいやというほど体感して、ドクターは考えた。家族が健康に暮らせる家を建てよう。そして大学病院を辞め、転勤のない病院に移り、10年前に家を建てた。

 その個人的体験に医者としての知見を交えて書いたのがこの本。家について自分なりに勉強し、大手住宅メーカーに失望し、行き着いたのは地元工務店による「ソーラーサーキットの家」だった。外断熱、二重通気、24時間換気の家は、内部の温度差がなく、一年中快適。空気がきれいで、カビやダニも発生しにくい。おかげで妻の体調が改善し、さらに5人の子宝に恵まれて、9人兄弟の大家族になった。

 家は人間の心身を守り休めるためのシェルターであるべき、というドクターの目線は、これから家を建てようという人に大いに参考になるだろう。(PHP研究所 1300円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る