「当確師」真山仁著

公開日:  更新日:

 聖達磨は、当選確率99%という「当確師」を自称するやり手の選挙コンサルタント。今回聖が依頼されたのは、政令指定都市高天市の市長選。高天市は日本で一番住みたい都市に4年連続1位となり、大災害時に備えた首都機能補完都市にも選定されていた。高天市をイメージアップさせた現職の鏑木次郎市長は、市民からの大きな支持を得ている一方、そのあまりの権力の集中に危惧を抱く反市長陣営も。彼らが3選を阻止すべく聖に打倒鏑木のミッションを持ち込んだのだ。

 聖が対抗馬に選んだのは幼いときに病気で聴力を失い、市民相談のNPO法人の代表を務める黒松幸子。幸子は鏑木の妻・瑞穂の親友で、瑞穂はまた高天市有数の財閥グループの総帥で、大票田の宗教団体の総代でもある。この複雑な関係を利用して、圧倒的に勝ち目のない選挙戦に起死回生の逆転劇をもくろむ聖……。

 選挙をめぐる虚々実々の駆け引きの実態を描きながらも、政治に不信と諦めをもつ現代日本人へ向け、民主主義の在り方とその力を問う、エンターテインメントな選挙小説。
(中央公論新社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「国民だましたらあかん」籠池夫妻が安倍首相の演説に本音

  10. 10

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

もっと見る