「当確師」真山仁著

公開日:  更新日:

 聖達磨は、当選確率99%という「当確師」を自称するやり手の選挙コンサルタント。今回聖が依頼されたのは、政令指定都市高天市の市長選。高天市は日本で一番住みたい都市に4年連続1位となり、大災害時に備えた首都機能補完都市にも選定されていた。高天市をイメージアップさせた現職の鏑木次郎市長は、市民からの大きな支持を得ている一方、そのあまりの権力の集中に危惧を抱く反市長陣営も。彼らが3選を阻止すべく聖に打倒鏑木のミッションを持ち込んだのだ。

 聖が対抗馬に選んだのは幼いときに病気で聴力を失い、市民相談のNPO法人の代表を務める黒松幸子。幸子は鏑木の妻・瑞穂の親友で、瑞穂はまた高天市有数の財閥グループの総帥で、大票田の宗教団体の総代でもある。この複雑な関係を利用して、圧倒的に勝ち目のない選挙戦に起死回生の逆転劇をもくろむ聖……。

 選挙をめぐる虚々実々の駆け引きの実態を描きながらも、政治に不信と諦めをもつ現代日本人へ向け、民主主義の在り方とその力を問う、エンターテインメントな選挙小説。
(中央公論新社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る