• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「当確師」真山仁著

 聖達磨は、当選確率99%という「当確師」を自称するやり手の選挙コンサルタント。今回聖が依頼されたのは、政令指定都市高天市の市長選。高天市は日本で一番住みたい都市に4年連続1位となり、大災害時に備えた首都機能補完都市にも選定されていた。高天市をイメージアップさせた現職の鏑木次郎市長は、市民からの大きな支持を得ている一方、そのあまりの権力の集中に危惧を抱く反市長陣営も。彼らが3選を阻止すべく聖に打倒鏑木のミッションを持ち込んだのだ。

 聖が対抗馬に選んだのは幼いときに病気で聴力を失い、市民相談のNPO法人の代表を務める黒松幸子。幸子は鏑木の妻・瑞穂の親友で、瑞穂はまた高天市有数の財閥グループの総帥で、大票田の宗教団体の総代でもある。この複雑な関係を利用して、圧倒的に勝ち目のない選挙戦に起死回生の逆転劇をもくろむ聖……。

 選挙をめぐる虚々実々の駆け引きの実態を描きながらも、政治に不信と諦めをもつ現代日本人へ向け、民主主義の在り方とその力を問う、エンターテインメントな選挙小説。
(中央公論新社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る