「愚か者」松田公太著

公開日:  更新日:

 勤めていた銀行を辞めて、スペシャルティーコーヒーの文化を日本に定着させるべくタリーズコーヒージャパンを創業した著者。若き経営者として一躍有名になった後、ひょんなことから政治の世界に足を踏み入れた。本書は、銀行員から経営者へ、そして政治家へと次々と挑戦し続ける著者が、経営者時代に経験した辛苦から政治家となってからの日々までを赤裸々に描いた話題作だ。

 一番の読みどころは、国会議員となってからの経緯だろう。国会議員歳費削減法案の顛末、インターネット選挙解禁に対する長老議員の抵抗、「みんなの党」の渡辺氏と江田氏の対立と解党、「日本を元気にする会」の旗揚げ、原発再稼働質問を許さないヤジ攻撃、招かれなかった日曜討論、安保法案に歯止めをかける修正案を提出した意味など、報道だけでは知ることができなかった内部事情が明かされていく。

 銀行員のままでいれば、経営者のままでいれば、既成の党に所属していれば安定した道を歩めることがわかっていながら、困難な道に飛び込んでいく自分を愚か者と称する著者の人生を通して、今の日本の問題点も見えてくる。(講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る