日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「老けない人は何を食べているのか」森由香子著

 管理栄養士であり抗加齢指導士の資格も持つ著者は、「老ける・老けないは食べ物が左右する」として、食事によるアンチエイジング法を伝授する。

 肌にハリがある人とシミが多い人とでは、見た目年齢が大きく違ってくる。肌を若々しく保ちたいなら、細胞の新陳代謝を活発にして古い細胞との入れ替えをスムーズにすることが大切だ。そのためには、皮膚や粘膜の成長促進効果が高いビタミンB群をたっぷりと取ること。おすすめ食材は納豆で、1日1パックは食べるようにしたい。

 夏と冬で食べ方を変えることも重要だ。日差しに痛めつけられる夏は、皮膚を丈夫にするビタミンAが不可欠。一方、空気が乾燥する冬は、皮膚の血行を促進するビタミンEを積極的に取るようにしたい。

(青春出版社 1000円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事