「呼吸で心を整える」倉橋竜哉著

公開日:  更新日:

 常にイライラしている、不安感が続く、寝付きが悪い……。こうした不調は、呼吸の仕方ひとつで改善される可能性が高いという。

 呼吸は自律神経の支配下にあり、心臓の動きや発汗などと同様に自分で意識しなくても自然と行われているもの。しかしその一方で、自分の意思で深く吸ったり吐いたりもできるという特徴がある。そのため、意識して呼吸をコントロールすると、自律神経の働きもコントロールでき、リラックスや興奮の切り替えがしやすくなるのだ。

 本書では、心身に働きかけるさまざまな呼吸法を紹介しているが、基本となるのが“息を吐き切る”を意識すること。おのずと深い呼吸ができるようになり、心が落ち着いたり集中力が増す効果が表れるはずだ。(フォレスト出版 900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る