• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「呼吸で心を整える」倉橋竜哉著

 常にイライラしている、不安感が続く、寝付きが悪い……。こうした不調は、呼吸の仕方ひとつで改善される可能性が高いという。

 呼吸は自律神経の支配下にあり、心臓の動きや発汗などと同様に自分で意識しなくても自然と行われているもの。しかしその一方で、自分の意思で深く吸ったり吐いたりもできるという特徴がある。そのため、意識して呼吸をコントロールすると、自律神経の働きもコントロールでき、リラックスや興奮の切り替えがしやすくなるのだ。

 本書では、心身に働きかけるさまざまな呼吸法を紹介しているが、基本となるのが“息を吐き切る”を意識すること。おのずと深い呼吸ができるようになり、心が落ち着いたり集中力が増す効果が表れるはずだ。(フォレスト出版 900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る