「やめたくても やめられない人」片田珠美著

公開日: 更新日:

 努力して諦めないことが美徳とされる現代。しかし、なかなか結果を出せない場合、駄目な自分から目をそらすために、さまざまな依存症に陥るケースが増えているという。本書は、芸能界やスポーツ界、そして若者の間に広がる薬物依存の問題点とともに、“薬物なき依存”についても事例を交えて解説している。

 サラリーマンにとっても身近なのが、パチンコ依存症だ。精神科医である著者は、自己破産に追い込まれてもパチンコをやめられない患者を数多く診てきた。昨年、滋賀県で起きたのは、中学教諭による部費13万円の使い込み事件。教諭はパチンコのもたらす快感にあらがえず、部費の流用に手を染めてしまったのだという。

 非合法行為を行ってもなおやめられない。依存症の恐ろしさを再確認させられる。(PHP研究所 640円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る