「感染症キャラクター図鑑」岡田晴恵監修イラスト/いとうみつる

公開日:  更新日:

 蚊が媒介するジカウイルスによって発症し、中南米で感染が拡大しているジカ熱。2月1日には世界保健機関も緊急事態を宣言している。

 いつ何時われわれを襲うか分からない感染症は、感染経路も症状も潜伏期間もさまざまだ。本書では、諸外国および日本国内でも要注意の各種感染症について、病原体をイラスト化しながら解説。絵本のような体裁で分かりやすく、かつ詳細に注意点などをまとめている。

 昆虫が媒介する感染症として要警戒なのが、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)。SFTSウイルスはマダニが媒介するもので、2011年に中国で初めて見つかった。感染すると白血球が減少し、死に至る危険性も高い。マダニは春以降、草むらなどで活発に活動するため、虫よけなどの対策が必須だ。(日本図書センター 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る