「感染症キャラクター図鑑」岡田晴恵監修イラスト/いとうみつる

公開日: 更新日:

 蚊が媒介するジカウイルスによって発症し、中南米で感染が拡大しているジカ熱。2月1日には世界保健機関も緊急事態を宣言している。

 いつ何時われわれを襲うか分からない感染症は、感染経路も症状も潜伏期間もさまざまだ。本書では、諸外国および日本国内でも要注意の各種感染症について、病原体をイラスト化しながら解説。絵本のような体裁で分かりやすく、かつ詳細に注意点などをまとめている。

 昆虫が媒介する感染症として要警戒なのが、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)。SFTSウイルスはマダニが媒介するもので、2011年に中国で初めて見つかった。感染すると白血球が減少し、死に至る危険性も高い。マダニは春以降、草むらなどで活発に活動するため、虫よけなどの対策が必須だ。(日本図書センター 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

もっと見る

人気キーワード