• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ほめると子どもはダメになる」榎本博明著

 近年、家庭や教育現場に蔓延する「ほめて育てる」という思想の問題点を考察した教育論。

 学校や職場に「傷つきやすい」「頑張れない」「意志が弱い」若者が増加。こうした現実に「ほめて育てる」や「叱らない子育て」がもてはやされるようになってから、子供の育ち方、その結果として若者の心の在り方に変化が生じていると指摘。なぜ親たちは叱ることを躊躇するのか。子育てが社会の役に立つ人間を育てるという社会的意義を忘れ、親の自己愛を満たすための手段に陥っていないかと問う。

 データや実験結果などを紹介しながら、「自己肯定感が高まる」などと言われる「ほめる」教育の常識の誤りを解説した、子育て中の親必読の書。(新潮社 720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  9. 9

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  10. 10

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

もっと見る