「飛行機はどこを飛ぶ?航空路・空港の不思議と謎」秋本俊二監修

公開日: 更新日:

 空には道路も標識もないが、飛行機は自由に飛べるわけではなく、人の目には見えない「航空路」を飛んでいる。航空路は、ルートだけでなく飛ぶ高さや他の飛行機との間隔など、国際的な決まりがある。そんな航空路や空港にまつわる知られざる不思議や謎を解説した空のウンチク本。

 一口に航空路といっても、出発地と目的地が同じでも飛行ルートは毎日変わるのだとか。当日の気象予報や航空路上の風の流れなどを考慮して、もっとも効率がよく飛行時間が短いルートが選ばれるのだ。飛行機はなぜ高度1万メートルを飛ぶのか、最低でも3年間、予定地の風向きを調査してから建設されるという空港と風の関係など、70以上のトピックスを取り上げる。(実業之日本社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る