• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「飛行機はどこを飛ぶ?航空路・空港の不思議と謎」秋本俊二監修

 空には道路も標識もないが、飛行機は自由に飛べるわけではなく、人の目には見えない「航空路」を飛んでいる。航空路は、ルートだけでなく飛ぶ高さや他の飛行機との間隔など、国際的な決まりがある。そんな航空路や空港にまつわる知られざる不思議や謎を解説した空のウンチク本。

 一口に航空路といっても、出発地と目的地が同じでも飛行ルートは毎日変わるのだとか。当日の気象予報や航空路上の風の流れなどを考慮して、もっとも効率がよく飛行時間が短いルートが選ばれるのだ。飛行機はなぜ高度1万メートルを飛ぶのか、最低でも3年間、予定地の風向きを調査してから建設されるという空港と風の関係など、70以上のトピックスを取り上げる。(実業之日本社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る