• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「カレル・チャペック 小さな国の大きな作家」飯島周著

 チェコの国民的作家カレル・チャペック(1890~1938年)の生涯とその作品世界を紹介する文学読本。

 さまざまなジャンルの作品を多数残した氏だが、その基本はジャーナリストだった。1917年に「国民新聞」編集部に就職してから、以後、生涯を一記者として過ごした。多様な趣味を持った氏は「興味の源泉として、人間ほど汲めども尽きせぬものはない」とその作品の根底には人間への深いまなざしがあった。人間に対する興味は、人間性への尊重と擁護にまで発展し、1930年代にはヨーロッパを覆うファシズムや全体主義に抵抗して、過酷な状況へと追い込まれてしまう。波乱の生涯を追いながら、その素顔の魅力を伝える。(平凡社 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る