「カレル・チャペック 小さな国の大きな作家」飯島周著

公開日: 更新日:

 チェコの国民的作家カレル・チャペック(1890~1938年)の生涯とその作品世界を紹介する文学読本。

 さまざまなジャンルの作品を多数残した氏だが、その基本はジャーナリストだった。1917年に「国民新聞」編集部に就職してから、以後、生涯を一記者として過ごした。多様な趣味を持った氏は「興味の源泉として、人間ほど汲めども尽きせぬものはない」とその作品の根底には人間への深いまなざしがあった。人間に対する興味は、人間性への尊重と擁護にまで発展し、1930年代にはヨーロッパを覆うファシズムや全体主義に抵抗して、過酷な状況へと追い込まれてしまう。波乱の生涯を追いながら、その素顔の魅力を伝える。(平凡社 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る