「忍者烈伝」稲葉博一著

公開日: 更新日:

「鳶加藤」と呼ばれた戦国忍者の物語

 伊賀の郷士に命じられ、河内国で幼子を集めていた東天坊が寝起きしていた廃寺に、ある夜、段蔵という名の赤ん坊が捨てられていた。7年後の天文10年、段蔵は東天坊が集めてきた7人の子どもたちとともに忍びになるための修行の日々を送っていた。

 3年の修練を終えたとき、仲間は3人に減っていた。さらに、断食5日を経て行われた最終試験に合格したのは小介ひとりだけだった。残った2人とともに殺されかけた段蔵は、その場を逃げ出し間一髪、地侍のヒダリに救われる。ヒダリに忍びの術を学んだ段蔵は、さらに山伏から幻術も会得する。

 後に「鳶(飛び)加藤」と呼ばれ、謙信や信玄に仕えた忍者を描く戦国忍者小説。(講談社 890円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  9. 9

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

  10. 10

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る