• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「忍者烈伝」稲葉博一著

「鳶加藤」と呼ばれた戦国忍者の物語

 伊賀の郷士に命じられ、河内国で幼子を集めていた東天坊が寝起きしていた廃寺に、ある夜、段蔵という名の赤ん坊が捨てられていた。7年後の天文10年、段蔵は東天坊が集めてきた7人の子どもたちとともに忍びになるための修行の日々を送っていた。

 3年の修練を終えたとき、仲間は3人に減っていた。さらに、断食5日を経て行われた最終試験に合格したのは小介ひとりだけだった。残った2人とともに殺されかけた段蔵は、その場を逃げ出し間一髪、地侍のヒダリに救われる。ヒダリに忍びの術を学んだ段蔵は、さらに山伏から幻術も会得する。

 後に「鳶(飛び)加藤」と呼ばれ、謙信や信玄に仕えた忍者を描く戦国忍者小説。(講談社 890円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

もっと見る