「忍者烈伝」稲葉博一著

公開日:  更新日:

「鳶加藤」と呼ばれた戦国忍者の物語

 伊賀の郷士に命じられ、河内国で幼子を集めていた東天坊が寝起きしていた廃寺に、ある夜、段蔵という名の赤ん坊が捨てられていた。7年後の天文10年、段蔵は東天坊が集めてきた7人の子どもたちとともに忍びになるための修行の日々を送っていた。

 3年の修練を終えたとき、仲間は3人に減っていた。さらに、断食5日を経て行われた最終試験に合格したのは小介ひとりだけだった。残った2人とともに殺されかけた段蔵は、その場を逃げ出し間一髪、地侍のヒダリに救われる。ヒダリに忍びの術を学んだ段蔵は、さらに山伏から幻術も会得する。

 後に「鳶(飛び)加藤」と呼ばれ、謙信や信玄に仕えた忍者を描く戦国忍者小説。(講談社 890円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る