「猫の時間」柄刀一著

公開日:  更新日:

 自らも猫を多頭飼いする本格ミステリー作家が、猫と人間の心の通い合いを描いた短編集。

 ある朝、真子の家に子猫が迷い込んできた。「みゃー」と名付けられ、真子の家で飼われるようになったその猫は、鳴き声がまるで人間と会話しているかのようだった。両親は、言葉がうまく出ず幼稚園でも友達と交われない真子が、みゃーに一生懸命に話しかける姿に安堵する。

 1年後、真子はみゃーが人間の年なら17歳になったと聞き驚く。これからは1年で人間の4歳分ずつ年をとっていくと知った真子は、みゃーとの時間を大切にすることを心に誓う。しかし、成長し大学生になった真子は家を出て違う町で暮らすことに。(「ネコの時間」)(光文社 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

  9. 9

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る