「鬼降る森」髙山文彦著

公開日: 更新日:

山高く谷深い故郷・高千穂風土記

 大宅賞作家が、故郷の宮崎県高千穂を旅しながら思索を重ねた名著。

 かつて山頭火が「分け入っても分け入っても青い山」と詠んだほど、高千穂の山は高く、谷は深い。天孫降臨神話と鬼伝説が同居するこの地で、毎年11月半ばから翌年2月まで、毎週どこかの村で夜神楽が行われる。人々が神楽と共に楽しみにしているのが夜這いだった。かつて日向を旅した坂口安吾が高千穂について記した一文には、往復36里もの山道を歩き隣村の女のもとに通う男の話が出てくるという。

 中学生の自分に夜這いの手順を語って聞かせた祖母や、猪や鹿、山鳩や野兎などを届けてくれた猟師のトクさんなど、そこに生きる人々を描きながら混とんと矛盾の里・高千穂を描いた風土記。(小学館 620円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る