• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「鬼降る森」髙山文彦著

山高く谷深い故郷・高千穂風土記

 大宅賞作家が、故郷の宮崎県高千穂を旅しながら思索を重ねた名著。

 かつて山頭火が「分け入っても分け入っても青い山」と詠んだほど、高千穂の山は高く、谷は深い。天孫降臨神話と鬼伝説が同居するこの地で、毎年11月半ばから翌年2月まで、毎週どこかの村で夜神楽が行われる。人々が神楽と共に楽しみにしているのが夜這いだった。かつて日向を旅した坂口安吾が高千穂について記した一文には、往復36里もの山道を歩き隣村の女のもとに通う男の話が出てくるという。

 中学生の自分に夜這いの手順を語って聞かせた祖母や、猪や鹿、山鳩や野兎などを届けてくれた猟師のトクさんなど、そこに生きる人々を描きながら混とんと矛盾の里・高千穂を描いた風土記。(小学館 620円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る