「コネ持ち父さんコネなし父さん」川下和彦著

公開日: 更新日:

 大富豪の息子のように〈先天的なコネ〉を持っていない人は、〈後天的なコネ〉を開拓すればいいのだ。

 そのためには「わらしべ長者」にならって、わらのように細くても、まずきっかけになるコネクションを掴むことが大切。そして、「つながること」自体を目的にするのでなく「目的を持ってつながること」。編集者の千葉氏がコネクションを求めるのは「仕事上のライバルと切磋琢磨するため」だから、求めるのは「同業の編集者」であり、著者の目的は「自分一人では歯が立たない課題を解決するため」だから、「自分にはない能力を持った人」を求める、といった具合。

 具体的なステップの説明も付いた、人脈のつくり方のノウハウ本。(ディスカヴァー・トゥエンティワン 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  6. 6

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

もっと見る

人気キーワード