• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「つつましい英雄」マリオ・バルガス・リョサ著 田村さと子訳

 運送会社オーナーのフェリシト家の玄関扉に青い封筒が貼り付けられていた。中身は月500ドルで彼の会社と家族を守ってやるという脅迫状だった。警察は頼りにならない。25年前にトラックの事故を予言して彼を助けてくれた聖像売りのアデライダは、彼らが要求しているものを与えろと言う。

 だが彼は、「男はこの世で、誰にも踏みつけにされてはならない」と、脅迫状を無視した。2通目の脅迫状が届いた後、オフィスが放火された。フェリシトは、新聞に「そのようなものを払うよりも、私は殺されるほうを選ぶ」と警告を載せる。

 マフィアに正面から立ち向かった人物をモデルにした波瀾万丈の物語。(河出書房新社 2700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る